子ども手当てを受け取るためには手続きが必要?

平成23年10月分以降の子ども手当てを受け取るためには、申請が必要です。
○ 新しい法律により支給要件などの変更が行われたことから、改めて支給の対象となるかどうかを確認する必要があるため、これまで子ども手当てを受け取っていた方も申請が必要です。

 

○ 今までの児童手当や子ども手当は、毎年6月に「現況届」の提出が必要でしたが、平成23年6月は、受給者の方の負担軽減を図るために提出を求めていませんでした。
今回は、新しい法律のスタートにあたり、支給対象となるお子さんを持つ全ての方から申請をしていただくことになりましたので、ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

○ なお、平成24年3月末までに申請をすれば、10月分からの手当を受け取ることができます。(ただし、10月以降に転居された場合は、転入先の市区町村で速やかに申請が必要となりますのでご注意ください。詳しくは、Q3をご覧ください)

 

 

ショウインキッズ

子ども手当てを教育費にあてるなら
子ども手当ての支給額範囲で、学習塾、個別指導塾、家庭教師、通信教育のそれ長所をしっかりと生かし、さらにそれぞれの問題点をことごとくクリアした画期的な家庭学習方法があります。すでに全国3万人の小中学生が取り組んでる、その方法とは?

関連ページ

平成23年10月から子ども手当の支給額は変わる
平成23年10月から子ども手当の支給額は変わるのか?子ども手当て(子どものための手当)基礎知識。