平成23年10月度以降の子ども手当て(子どものための手当)基礎知識

子ども手当て(子どものための手当「)

子ども手当て(子どものための手当)基礎知識

平成24年現時点の子ども手当て(子どものための手当)の基礎知識です。子ども手当ては平成23年10月から施行内容が変わっています。
支給額、手続き、支給対象となる人、子どもが海外に住んでいる場合、両親が別居している場合など。
なお、子ども手当ての使い道についての実際の調査でも、トップは「教育費」であったと、厚生労働省の調査発表がありました。

厚生労働省は26日、6月に支給された子ども手当(2〜5月の4カ月分)の使い道に関する調査結果を公表した。トップは、塾や習い事、給食費などの教育費で、平均使用額は1万7878円。4カ月分の総額5万2000円の34.4%に相当する。一方、子ども手当をきっかけに子どもの数を増やそうと思った人は、第1子が0〜3歳の人では21.4%に上り、昨年の調査(13.9%)より増加した。
調査は、手当の支給対象となる中学生以下の子どもを持つ人約7600人を対象に実施した。

学習塾、個別指導塾、家庭教師、通信教育。実際活用している親の本音とは?

家庭でかける教育費の代表的なものは、学力アップをめざした学習の補助となる、学習塾(進学塾)、個別指導塾、家庭教師、通信教育などがあげられます。勉強の主役は子どもです。子どもにあった学習法を指導してくれるのが一番です。では、実際、それぞれを活用している親の本音を取材してみました。

学習塾

学習塾に通わす親の本音

ある程度の人数で実施される学習塾。中学では主に進学塾とも言われている。学習塾に通わす親の本音は?
個別指導塾

個別指導塾に通わす親の本音

ピンポイントで不得意な分野の強化や、子どもにあったペースで指導してくれるのが個別指導塾。個別指導塾に通わす親の本音は?
家庭教師

家庭教師を雇っている親の本音

子どもにあった勉強指導をマンツーマンでしてくれる家庭教師。家庭教師を雇っている親の本音は?
通信教育

通信教育を取り入れている親の本音

親の目が届く家庭学習の代表ともいえる通信教育。取り入れている親の本音は?

「子ども手当ての範囲内」で、最高に成果がでる方法とは?

ショウインキッズ

すべての長所を取り入れ、問題点をクリア!

子ども手当ての支給額範囲で、学習塾、個別指導塾、家庭教師、通信教育のそれ長所をしっかりと生かし、さらにそれぞれの問題点をことごとくクリアした画期的な家庭学習方法があります。すでに全国3万人の小中学生が取り組んでる、その方法とは?